大和工機

ご挨拶・理念

ご挨拶



 より良い生活、
 良い人生、
 互いの助け合いと責任で


ご挨拶
私たちの会社は、水・空気・防災を通して人々の生活の中にいかに安全で快適な空間を提供できるか挑戦し てきました。昨今、環境破壊・自然災害・感染症被害等、我々の住む地球が悲鳴を上げています。
日本全国各地で自然災害に見舞われる中、如何に自然の脅威が大きく、如何に人間が自然に生かされている かを思い知らされました。中越沖地震、熊本の震災の際に私たちが所属する組合にも緊急支援の依頼があり、 給水本管の復旧工事に携わりました。私たち、人の生活になくてはならない「水」、人が生きていくうえで 欠かせない仕事、またライフラインを守ることが宿命であると改めて実感させていただきました。
今後も、水・空気・防災と普段は目につかない地道な仕事ですが、 社会に貢献する事により人々の生活をほんの僅かでも豊かにできればという想いで、社員一同一丸となり力強く営業できればと考えております。

土の中の水道管
高いビルの下の下水
大切なものは表にでない
(相田みつおの詩集から)

代表取締役 伊藤 哲  

当社の成り立ち

当社は昭和33年4月に㈱大和建材のタイル部門より分離され大和配管工業所として設立されました。以来、昭和35年10月に(有)大和配管工業所、昭和49年12月に㈱大和配管工業所、昭和60年12月に㈱大和工機と社名変更し現在に至っております。 おかげさまで平成30年に設立60年を迎えることができました。設立当初は公共下水の普及のため作られた会社です。社会資本整備はいつの時代にも必要とされ、国民の最低限度の生活を守り維持してゆく仕事と考えております。 現在は公共工事を柱に、民間工事の新築・改修工事から修繕・メンテナンスとお客様のご要望に昼夜なくお応えできる会社を目指して努力しております。お客様に喜んでいただけることを第一に、その喜びを会社の発展、社員の成長の糧にできる会社でありたいと願い、常に社会に還元できる会社を目指しております。